2017年4月19日水曜日

ここ2ヶ月間で読んだ印象に残る本

里中 満智子の『マンガ・ギリシア神話』を全巻ようやく読み終えました。いろんなエピソードがありますが、英語の語源にもつながるものあり、美術館で見た作品の背景になったものあり。読みながら、なるほど!!わかった!!つながった!!という瞬間が多くありました。意外だったのが、日本神話と通じるエピソードがいくつかあること。次は日本神話関連の本を読んでみます。


『へうげもの』もようやく最新刊までたどりつきました。もうすぐ終わりなのかな。


最近、図書館に行ったら読んでいるマンガは『JIN-仁-』。江戸時代(幕末)にタイムスリップした外科医・南方仁の話。大沢たかお主演のドラマを見た方も多いのでは。最初、ドラマとのギャップに慣れませんでしたが、読み進めていくうちにはまりました。マンガでは医療解説も図解付き。幕末の有名人たちも出てきます。


マンガ以外でここ2ヶ月の間に読んで印象に残った本5冊を紹介。タイトルをクリックするとアマゾンに飛びます。

『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』
ケヴィン・ケリー (著)、服部 桂(著, 翻訳)
ISBN-13: 978-4140817049
発売日 2016/7/23

原題 "The Inevitable: Understanding the 12 Technological Forces That Will Shape Our Future"

タイトルを見てインターネットの時代が終わるのかと思ったら、そういう内容ではなく、読み終わったあと原題を見て納得。
ネットにつながっていることが当たり前になったデジタル社会。12のキーワードで、現在のことと近未来の予測など。
最近気になっていた用語の説明もあって良かったが、よく理解できずに読み飛ばしたページも。コグニファイング cognifying は理解できず。トラッキングの章がある意味怖い。自分のデータがどんどん分析されていく。
デジタル社会のテクノロジーに興味ある人はぜひ。


『スーツケース起業家』
ナタリー・シッソン (著)、タカ大丸 (翻訳)
ISBN-13: 978-4883206599
発売日 2016/2/20

クラウドファンディングのキックスターターで完成した本。スーツケースひとつでいろんな国へ行く著者。自由に生きたい人におすすめ。
スイートスポット(=好きなことで、得意なことで、お金を払ってもらえること)を探そう。旅で得られる経験は貴重。翻訳者のあとがきもおもしろかった。


『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』
リンダ グラットン (著)、アンドリュー スコット (著)、池村 千秋 (翻訳)
ISBN-13: 978-4492533871
発売日 2016/10/21

100歳まで生きたらどうしよう。長寿人生を生き抜くヒント。
有形&無形資産の点検。学び続ける。
未来に残る仕事は、人間にしかできないこと。
80歳、90歳になってもできる大好きな仕事を見つけるしかない!?

新出用語:クラウド・ロボティクス(クラウドを通して他のロボットが学習したことにアクセスできる、スマートシティー、ギク・エコノミー

『ワーク・シフト』はまだ読んでないな。


『ライフ・シフト』を読み終えて、なんだか勝間さんの本が読みたくなって選んだ2冊↓

『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』
勝間 和代 (著)
ISBN-13: 978-4887595866
発売日 2007/10/12

時間管理について改めて拾い読み。有形資産・無形資産を増やすため「投資の時間」を意識して増やしたい。
必要以上にいい人にならない。
仕事は断れるようになって一人前だな。実力がないと、一度断ると次に頼まれないから。
少し内容が古くなった部分もあるけど、具体例も挙げられていて何をしたら良いかわかりやすい本。



「まねる力」
勝間 和代 (著)
ISBN-13: 978-4022744111
発売日 2009/6/30

こちらは今読んでるところ。15人の達人と対談。比叡山の阿闍梨(あじゃり)から広瀬香美まで。


全部図書館で予約して借りました(勝間さんの本以外はかなり待ちました)。